麻雀で初心者が一番最初に難しいと感じるのが符計算です。
最近ではネット麻雀のような自動的に計算されるものから麻雀を始める人が多いため
なおさら覚えていない人が多いようです。

いつまで経っても人任せにならないよう、覚えておきましょう。

基本符

麻雀は上がったときの得点を競うゲームです。
上がったときの得点を計算するときの元になるのが、符と役ですね。

符にはまず副底(フーテイ)があり、面子、雀頭、待ち、あがりにつく点数があります。
これらを合計したものが基本符です。
それでは、それぞれどのような符(点)になるのか見て行きましょう

副底(フーテイ)

どんなあがりでも、あがれば20符つきます。この符のことを副底といいます。
また、門前(メンゼン)ロンの場合は10符たして、副底は30符になります。
門前ロンとは1つも鳴いていない状態でロンあがりすることです。

基本点は20符!メンゼンロンで30符を覚えておきましょう!

面子に付く符

面子のうち順子には符はつきません。刻子、槓子には符がつきます。
雀頭については符がつく場合とつかない場合があります。
面子の符について一覧にしたものが下の表となります。

一覧で覚えるのがベストでしょう。

  中張牌 ヤオ九牌
順子 0符 0符
刻子 明刻 2符 4符
暗刻 4符 8符
槓子 明槓 8符 16符
暗槓 16符 32符
雀頭 字牌 三元牌 2符
自風 2符
場風 2符
連風牌 4符
客風牌 0符
数牌 0符 0符

※中張牌(チュンチャンパイ)とは2~8までの数牌のことです。
※ヤオ九牌(ヤオチュウハイ)とは字牌と1、9の数牌のことです。
※自風とは自分の風の牌のことです。東家なら東、南家なら南、西家なら西、北家なら北が自風の牌になります。
※場風とは場の風の牌のことです。東場なら東、南場なら南が場風の牌になります。
※連風牌とは自風と場風が重なったものです。東場では東家のみ東が連風牌になります。
また、南場では南家のみ南が連風牌になります。
※客風牌(コーフォンパイ)とは自風、場風以外の牌のことです。通称オタ風といいます。

ヤオ九牌(字牌と1、9の数牌)が中張牌(2~8までの数牌)の倍に
なると覚えておけば覚えやすいですね。

待ちに付く符

待ちのうちでは両面面待ち、シャボ待ち以外に符がつきます。
シャボ待ちに関しては、待ちの符がつきませんが、
ロンでは明刻の符がツモで暗刻の符が付くので忘れないようにしましょう。

嵌張(カンチャン)待ち、辺張(ペンチャン)待ち、単騎待ちには2符つきます。

受け方 待ち牌 
両面待ち 0符
嵌張待ち 2符
辺張待ち 2符
単騎待ち 2符
シャボ待ち 0符

あがりに付く符

あがりの符というのはツモ符と呼ばれる2符が付くことです。
ロンの時は上がりの符は付きません。ツモの時に2符を計算します。

基本符の計算方法(例)

基本符とは副底、面子、待ち、あがりの符を合計して切り上げたものをいいます。
一つの例を見てみましょう。
待ち
(上記は役なしです。リーチを上がりを待っているとします)

でツモ上がった場合
まず副底の20符、面子はで8符、待ちは両面になり0符です。
ツモなのでツモ符2符が付きます。

よって20+8+2=30⇒30符になります。の場合も同じです。

ロンの場合は、ツモ符が付かず副底が30符になります。
よって30+8=38⇒40符になります。

でツモ上がった場合
副底(20符)+面子(8符)+待ち(単騎2符)+あがり(2符)=32符⇒40符

ロンの場合は副底(30符)+面子(8符)+待ち(単騎2符)=40符⇒40符

上がる牌によって符が違って点数が変わってくることが分かると思います。

何個かのパターンを見て計算したほうが覚えると思います。
他のページで数個のパターンを紹介したいと思います。
殆どありませんが例外パターンもありますのでそれについても書きたいと思います。