麻雀の役一覧

麻雀の標準的なルールにおいての役一覧を記載する。
ローカルルールの役などに関しては別ページで…

一飜

役名 読み仮名 略称 条件
食い下がり
立直 リーチ メン 門前のみ
もっとも基本的な役、メンゼンでテンパイすればリーチ宣言が可能
一発 いっぱつ リーチ時のみ
リーチした後の1順以内にあがること。ロン、ツモは問わない。
その順で誰も鳴いていないことが条件。
競技麻雀では採用されない場合がある。
門前清自摸和 メンゼンチンツモホウ ツモ 門前のみ
メンゼンでツモ上がりしたとき
タンヤオチュー タンヤオ
全て2~8の数牌(チュウチャンパイ)で作ったもの。
待ち
食いタンありで鳴いても役になり、なしのルールではメンゼンのみの役
平和 ピンフ ピン 門前のみ
メンゼン・全て順子・頭は三元牌、風牌以外・両面待ち
(初心者はまずピンフつくりから)
一盃口 イーペーコー イーペー 門前のみ
メンゼンで同じ種類・順子の組み合わせを2組作る
待ち

がイーペーコー

役牌・飜牌・翻牌 やくはい・ファンパイ
三元牌、風牌、場の風牌を刻子にすればよい。
暗刻、ポンのどちらでもかまわない。
自風牌と場風牌が重なったときは1ファンが二つ付く(ダブ東・ダブ南)
嶺上開花 リンシャンカイホウ リンシャン
カンをしたときのリンシャン牌(王牌からツモった牌)であがること。
非常に気持ちいい手
槍槓 チャンカン
他家が明槓したハイであがること。
正確にはポンをした他家が加槓した時のみ。
ロン上がりとなるのでフリテン不可。これまた気持ちいい
海底摸月 ハイテイモーユエ ハイテイ
局の最後の牌でツモること。
河底撈魚 ホーテイラオユイ ホウテイ
局の最後の捨て牌でロン上がりすること

二飜

役名 読み仮名 略称 条件
食い下がり
三色同順 サンショクドウジュン サンショク 喰い下がり一飜
同じ順子をマンズ、ピンズ、ソウズで集める役。略してサンショク。
待ち
2,3,4の3色が確定している形
一気通貫 イッキツウカン イッツー 喰い下がり一飜
同種牌で1~9を全てそろえること。
待ち
マンズのイッツーが確定している
混全帯 ホンチャンタイヤオチュー チャンタ 喰い下がり一飜
字牌、1・9牌をからめた面子だけで作った役。
待ち
七対子 チートイツ チートイ 門前のみ
7組の対子を揃える役。独特な役。待ちは単騎待ちになる。
待ち
対々和 トイトイホー トイトイ
全て刻子で作った役。もちろんポンでOK(メンゼンでなくて良い)。
   待ち
ドンジャラのような手。
三暗刻 サンアンコー
手の中に暗刻を三つ作る役。
待ち
二つ暗刻があり、シャンポン待ちでテンパイのときはツモ上がりでのみ三暗刻になる。
混老頭 ホンロウトー ホンロー
1,9字牌だけで揃える役。
   待ち
上がる時はチートイかトイトイホーが複合する。メンゼンでなくてよい。
三色同刻 サンショクドーコー サンドーコー
同じ数字の刻子をマンズ、ソウズ、ピンズで集める役。
   待ち
メンゼンでなくて良く、食い下がりも無い
三槓子 サンカンツ
暗槓・明槓にかかわらず、槓子を三つ作る役。
  待ち
殆ど出ない…
小三元 ショウサンゲン ショウサン
白、発、中の内、二つを刻子に、残りを対子にする。
   待ち
必ず役牌2組が含まれるため最低四飜は保障される。
ダブル立直 ダブルリーチ ダブリー 門前のみ
配牌から1順以内にリーチをかけること。
言い換えると第一捨て牌でリーチをかけること。
リーチ前に誰かが鳴いていると成立しない。

三飜

役名 読み仮名 略称 条件
食い下がり
混一色 ホンイーソー ホンイツ 喰い下がり二飜
字牌とある一色の数牌で作った役。
  待ち
綺麗な手なので作りたくなるが、鳴くと他家にバレやすく
二飜では割に合わない手。他役と組み合わせたいところ
メンゼンであがると(メンホン・タテホン)、
鳴いてあがると(バカホン・ヨコホン)と言ったりする。
純全帯 ジュンチャンタイヤオチュー ジュンチャン 喰い下がり二飜
1・9牌がらみで作られた役。
  待ち
二盃口 リャンペーコー リャンペー 門前のみ
一盃口を二組作った役。七対子の形になるが複合しない
待ち

六飜

役名 読み仮名 略称 条件
食い下がり
清一色 チンイーソー チンイツ 喰い下がり五飜
ある一種類の数牌のみでつくる非常にきれいな役。
  待ち
食い下がりでも満貫確定の大きな手。
ホンイツと同様にメンゼンで(メンチン・タテチン)
鳴いてあがると(バカチン・ヨコチン)といったりする…

特殊役

役名 読み仮名 略称 条件
食い下がり
流し満貫 ながしまんがん ナガシ
自分の捨てた牌が全て1,9牌か字牌であり、捨て牌が誰にもポン、チー、カンされていない状況で流局したとき。

その名の通り満貫とするのが一般的だが、まれに倍満もしくは三倍満とする場合もある。三人打ちの場合は役満とすることも多い。逆に三人打ち・四人打ちに関わらず採用しない場合もある。

扱いが微妙な役

人和…子が第一ツモまでにロン上がりしたときに成立する役

多くのプロ団体は人和を正規の役として認めていないが、一
部の団体では採用されている他、フリー雀荘やオンライン麻雀でも採用されている場合が多い。
ただし人和ありの場合でも、
役満とするルール・倍満とするルール・跳満とするルール・満貫とするルールなど、
場所によって値段の取り決めに差がある。
市販の各種ルールブックにおいても編者・監修者によって扱いが異なっている。

対局前にしっかりと決めておきたい役

役満に関しては別ページで