麻雀でチョンボ(反則行為)をやってしまうと情けなくてつまらないミスはないですね。

最近はオンライン麻雀で、チョンボの体験が少ない方も多いかもしれませんが、

是非ともやってしまわないように知っておきましょう。

このページではいろいろな麻雀のチョンボについてまとめます

チョンボの罰則

まず、様々なチョンボの前に罰則規定です。上から順に重い罰則です。

供託まで言葉と内容だけでも知っておきましょう。

・罰符

罰符(ばっぷ)は、重大な反則に対して科せられる罰則で、反則者が対戦相手3人に対して罰符と呼ばれる一定の点数を支払ったうえで、通常は元の局をやり直す。

主として局の続行が不可能となるような反則に対して適用される。

このような重大な反則を特にチョンボという。支払う点数は満貫相当額とするのが一般的。親がチョンボした場合は、他の3名に4000点ずつ支払う。子がチョンボした場合は、親に対して4000点、他の2名に2000点ずつを支払う。

この罰符の支払いのことは、その点数から満貫払いとも呼ばれる。

・アガリ放棄

アガリ放棄は局の続行が可能な反則に対して課せられる罰則で、課せられたものはその局において和了することが許されないとする罰則。その局に限り、反則者に和了を認めないとするペナルティ。一般的には、和了のみならず、リーチ・カン・ポン・チーなども許されない。また、流局になったときに聴牌(テンパイ)宣言をすることも許されず、強制的にノーテン扱いとなるのが普通である。それに加えて、その局においてはツモ切りしか許されないとするケースもある。

・供託

反則者が一定の点棒を供託する罰則。局の続行が可能な反則行為のうち、比較的軽微なものに対して適用される。通常、供託される点棒は1000点でありリーチ棒と同様に、直後に和了した者に与えられる。

誤ロン、誤ツモ

・和了牌を間違えて和了を宣言する。

・聴牌していないのに和了を宣言する。

・役がないのに和了を宣言する。 – 二翻縛りなのに一翻しかない状態で和了を宣言した場合も同様。

・フリテン状態でロン和了を宣言する。

アガリを間違えた場合は基本的に罰符が適用なので気をつけたい。

初心者の方は特に、ドラを役と間違えて、役なしで上がり宣言などをすることが多いので注意。

フリテンに関しては、様々な文化があるようだが、基本的に次の3状態

・自分の和了牌を自分で切ってしまっている場合。

・ダマテン状態で他家の捨牌をロンせず見逃し、自分のツモ番がまだ来ていない状態。これを同巡内フリテンと言う。

・立直後、他家の捨てた和了牌をロンせずに見逃した場合。見逃した後はフリテンとして扱われる。これをリーチ後のフリテンと言う。

フリテンはツモ可なので、高目アガリの逆転を狙ったりとの戦略もあるので

必ずしもフリテンが悪いとは限らない。

 

(リーチ後)待ちの変わるカンをしてしまった時

意外と初心者がしてしまいがちなチョンボ。

リーチをした後にもツモ次第で暗カン(もちろん明カンは負荷)が可能だが、アガリの待ちが変わるとチョンボになるので注意。

リーチとは、これでテンパイ完成と宣言している手なので、そこからアガリが変わることが許されない。

例えば以下の例

の3面待ちの手になるが、ここでツモでカンをすると

 

の単騎待ちとなり罰符となる。

3アンコ確定の素晴らしい手が台無しになってしまうので注意。

ノーテンリーチ

テンパイでない状態で、リーチ宣言をすること。

流局になって、はじめて他家に知られるので、流局にならなければ罰則にならない。

罰符払いとなる

誤ポン、誤チーなど

見間違いなどで誤って、ポンやチーを宣言したりすると反則だが

まぁ、許してもらえることが多い。

雀荘フリー麻雀では、ルールをちゃんと調べておくこと!

また、長丁場になると出やすいので注意が必要だ。

「食い換え」禁止が普通ルールとしてあるので、初心者はそこにも注意。

食い換えとは…234と持っていて、5をチー2を捨てるようなこと。

ドラやチャンタ、タンヤオ狙いで初心者は犯しやすい

多牌(ターハイ)、少牌(ショウハイ)

多牌とは通常持ち牌が13枚だが、それよりも多い状態(14枚など)。

捨て忘れが原因でなることが多いので注意(ポンチー後など)。

疲れてくると、親番でチョンチョン後にもう一枚取ってしまうことが多い。

基本的に、アガリ放棄か罰符で、少牌よりも不正度合いや高いため

多牌は罰符とするところが多い。

少牌とは通常持ち牌が13枚だが、それよりも多い状態(12枚など)。

起きやすいのは、チョンチョン後の子のツモ忘れ、カン後のツモ忘れなど

あまり周りに迷惑をかけないので、アガリ放棄が一般的。

その他にも、見せ牌や腰など、ルールはそれぞれの雀荘ルールや仲間内で

了解して決めるのが一般的。

難しく考えず、普通に打てばいいのだか、やはり注意力が落ちてくる長丁場では

たまに出てしまう。麻雀は精神力も重要だとつくづく感じる。