アーケード版オンライン麻雀対戦ゲーム

コナミ「麻雀格闘倶楽部」vsセガ「ネットワーク麻雀対戦MJ」

アーケードでの2大オンライン麻雀対戦ゲームで
どちらの方が楽しいのか?自分に合っているのか?
迷う方が多いと思います。

ということで2つのゲームの5番勝負を実施いたします!
その後には、いろいろ比較表を作りましたので参考にしてください。

結論からすると、どちらも内容は麻雀ですので
両方楽しんでもらえればと考えています!

5番勝負の内容は以下になっています!果たして軍配はどちらに!?
(あくまでも管理人の主観です)
1.人気、設置数
2.料金システム
3.エンターテインメント性
4.使いやすさ
5.ハマリ度

1.人気、設置数

ホームページ上から設置店舗を検索できるが、
正式な設置数はどちらも公開しているのが見当たらない。

ホームページ上や、街中での設置数の雰囲気を見ると
全国レベルでは麻雀格闘倶楽部の方が多そうだ。
また私の住んでいる付近でも、麻雀格闘倶楽部は置いていても
MJがないというところは多い。

人気に関しても、麻雀格闘倶楽部の方が客つきの良さが伺われる。

ということで、人気や設置数に関しては 「麻雀格闘倶楽部」の勝ち!

2.料金システム

麻雀格闘倶楽部には買い取り制とライフ制がある。
MJ4にも買い取り制とタイム制の2つの方法がある。

どちらも買取にすれば、一局、腰を据えて打つことが出来る。

ライフ制は、一発でやられてお金を投入しないといけないし、
タイム制に関しては初心者の人には、損かもしれない。

ですので、こちらは一長一短。
私自身は、どちらの場合も買取で1局しっかりと遊ぶのが吉と感じる。

また料金設定は店舗により異なるので、 軍配は引き分けか?

3.エンターテインメント性

エンターテインメント性が好まれているのはMJの方だ。

アバターシステム、打っているときのリアルな感じなど受けがいい。
自分を育てている気になれるのはMJの方だろう。

リプレイ機能があるのも優秀!

麻雀格闘倶楽部は段位システムに加えて、称号などがあるが、
いろいろなポイントがあるためたくさん打つほど成績が良くなったりもするので
という意見が多い。

ネット上での評判からも MJの勝ちか?

4.使いやすさ

使いやすさで気になるのは、
ネットワークの強さやタッチパネルなどボタンの反応などだろう。

どちらも家で出来る無料オンライン麻雀に比べるとしっかりしていると思う。

たまにネットワークが切断されたりするのは、どちらも同じ。
たまにタッチパネルの反応が悪いというのもある。

またイカサマがあるなんてことを言う人もいるが、
それもどちらでも同じように言われている。

私としては、この勝負は引き分け。
どちらもオンライン麻雀ゲームとして人気あるだけの使いやすさと感じている。

5.ハマリ度

ここまで1勝1敗2分のこの勝負。
最後の項目は、ハマリ度という抽象的な項目だ。

でもゲームって、どれぐらいハマれるかが重要だと感じる。

バージョンアップの多さや、DS他のゲームソフトでも出している麻雀格闘倶楽部が
優勢にも感じるが、MJにはコアなファンが多いように感じる。

私は設置店舗の多さで麻雀格闘倶楽部を主に楽しんでいるが、
MJのリプレイ機能は欲しいなと感じている。

というわけで、どっちもやってみて、あなたがハマル方が勝者だろう!

とうまくまとめたつもりです(笑)
ネット上で、どちらを始めるほうが良いですかという質問を良く見かけるけど
人それぞれ合うほうがあると思います。

体験してみるのが一番だと思います。
初心者の方なら、まずは麻雀格闘倶楽部から始めることを私はオススメします。

最後に参考になるか分かりませんが比較表を作りました。

基本対局ルール

麻雀格闘倶楽部7 「競技ルール卓」を除く   MJ4
東風: 20,000点
半荘: 25,000点
持ち点 東風: 20,000点スタート25,000点返し
半荘: 25,000点スタート30,000点返し
1位+5,000点、4位-5,000点 順位点 1位は+20、2位は+10、3位は-10、4位は-20
親のアガリで連荘 連荘条件 東場は親のアガリで連荘
南場は親の聴牌で連荘
(5本場以降は親のアガリで連荘)
あり 食いタン・後付け あり
食い替え無し 食い替え 食い替え無し
あり ダブロン・トリプルロン あり
裏ドラ、カンドラ、カン裏ドラあり ドラ 裏ドラ、カンドラ、カン裏ドラあり
赤5筒2枚
赤5索・赤5萬が各1枚
赤牌 赤5筒・赤5索・赤5萬が各1枚
四槓流れ・四風連打は親流れ
九種九牌の親流れなし
途中流局 四開槓・四風子連打は親流れ
九種九牌は親の連荘
なし 二翻しばり あり(5本場以降に適用)
あり(流局扱い) 流し満貫 あり(アガリ扱い)
なし 切り上げ満貫 あり(30符四翻のみ)
大三元、大四喜、四槓子に適用 パオ 大三元、大四喜、四槓子、四連刻に適用
あり(0点以下) トビ あり(0点未満)

採用役

★…面前役
※…一翻食い下がり
赤字は麻雀格闘倶楽部のみ
青字はMJのみ

一翻
門前清模和 ★ 立直 ★ 一発 ★ 役牌
平和 ★ 断ヤオ 一盃口 ★ 海底撈月
河底撈魚 嶺上開花 槍槓  
二翻
ダブル立直 ★ 七対子 ★ 全帯 ※ 三色同順 ※
一気通貫 ※ 対々和 三色同刻 三暗刻
三槓子 混老頭 小三元 三連刻
三翻
二盃口 ★ 混一色 ※ 純全帯 ※  
六翻
清一色 ※      
満貫役
流し満貫      
倍満役
人和      
役満
天和 ★ 地和 ★ 緑一色 ★ 四暗刻 ★
九蓮宝燈 ★ 国士無双 ★ 大三元 字一色
清老頭 小四喜 四槓子 大車輪 ★
人和   四連刻 大四喜
二倍役満
四暗刻単騎待ち 大四喜 国士無双13面待ち 九蓮宝燈9面待ち

ゲームモード

似ているモードを横に並べています。
赤太字になっているのが、それぞれ特徴があるモードです。

麻雀格闘倶楽部 MJ
競技ルール卓
実力重視のルールで麻雀の強さを示す雀指数を競い合います。(半荘戦)
全国東風リーグ 東風戦リーグ
所属リーグの近いプレーヤーと東風戦をおこない、鳳凰リーグの頂点を目指します。
プライマリリーグ(D3~D1)、ミドルリーグ(CIII~AI)、鳳凰リーグ内Sリーグ、鳳凰リーグ内SSリーグ、鳳凰リーグ内SSSリーグ
条件: 初段以上
所属リーグと同じランクのプレーヤーと東風戦をおこない、A1リーグを目指します
リーグ階級: C3→C2→C1→B3→B2→B1→A2→A1
条件: 初段以上
東風戦プロリーグ
麻雀協会の所属プロが参戦する真の頂点を競うリーグです
リーグ階級: S3→S2→S1
条件: 東風プロリーグ参加権を所有している
全国半荘リーグ 半荘戦リーグ
所属リーグの近いプレーヤーと半荘戦をおこない、鳳凰リーグの頂点を目指します。
プライマリリーグ(D3~D1)、ミドルリーグ(CIII~AI)、鳳凰リーグ内Sリーグ、鳳凰リーグ内SSリーグ、鳳凰リーグ内SSSリーグ
条件: 初段以上
所属リーグと同じランクのプレーヤーと半荘戦をおこない、A1リーグを目指します
リーグ階級: C3→C2→C1→B3→B2→B1→A2→A1
条件: 初段以上
半荘戦プロリーグ
麻雀協会の所属プロが参戦する真の頂点を競うリーグです
リーグ階級: S3→S2→S1
条件: 半荘プロリーグ参加権を所有している
全国三麻サバイバルリーグ
所属リーグの近いプレーヤーとサバイバル戦を行い、鳳凰リーグの頂点を目指します。
プライマリリーグ(D3~D1)、ミドルリーグ(CIII~AI)、鳳凰リーグ内Sリーグ、鳳凰リーグ内SSリーグ、鳳凰リーグ内SSSリーグ
条件: 初段以上
全国段位別戦(東風) 段位別東風戦
段位の近いプレーヤーと4人打ち対局(東風戦)をおこないます 段位の近いプレーヤーと対局(東風戦)します
全国段位別戦(半荘)  
段位の近いプレーヤーと4人打ち対局(半荘戦)をおこないます
全国段位別戦(三麻)
段位の近いプレーヤーと3人打ち対局をおこないます
店内対戦 店内対戦
店内のプレーヤーと対局(東風戦)を行います。 店内のプレーヤーと東風戦対局をおこないます。
最大4人のプレーヤーと対局をおこないます
プロCPU対戦
プロCPU3人を相手に対局(東風戦)を行います。
麻雀初心者専用卓
初心者同士で対局します。サポート機能を搭載しています。>
チーム対戦
  同一チームのプレーヤーと東風戦対局します
    雀荘モード
  雀荘街に点在する様々な雀荘で、プレイヤーが所持するGOLDを争奪するモードです。
リーグ階級: C3→C2→C1→B3→B2→B1→A2→A1→S3→S2→S1
条件: 初プレー時は500G以上所持。入店条件を満たすGOLDを所持していること

麻雀格闘倶楽部では3人打ち麻雀(三麻)が楽しめます。
MJでは雀荘モードという違うモードが楽しめます。
プロの方との勝負ではMJの方が別モードにして厳しめにしています。

やはり初心者は麻雀格闘倶楽部、コアな方はMJがあてはまりそうです。 

段位

麻雀格闘倶楽部   MJ3
十級~一級
経験値で変動
和了した場合 1000点につき「+20」、他家和了の場合 1000点につき「-10」増減する。(麻雀初心者専用卓でのプレーは若干低くなる)
「1600」以上になると初段になる
級位 十級~一級
経験値で変動
順位・点棒・評価ポイントによって増減する。
50以上になると初段になる
初段~八段・マスター
▼初段~八段
ファイトオーブの増減で変動
ファイトオーブは順位によって増減する。
増減する量はゲームモードにより変化する
また勝ち星を集めることで獲得できる
▼マスター
3連勝すると黄龍になる。
降格はない
※ファイトオーブが0個になった場合、1級(所持経験値:1450)に降格します。
段位 初段~十段
経験値で変動
順位・点棒・評価ポイントによって増減する。
400以上になるか十段でプロリーグで維持・昇格すると強者になる
黄龍
黄龍オーブの増減で黄龍LVが変動
黄龍どうしでの対戦で増減する
また勝ち星を集めることで獲得できる
上級位 強者~
幻球の増減で称号が変動
同クラス同士の称号の対戦で増減する
またライセンスの成績により増減する
プロリーグを昇格することで獲得できる

◆補足
▼MFCの段位について
級位時の打ち方によって朱雀・青龍・白虎・玄武に分かれる

▼黄龍の称号について
1.期間毎に集計される所持黄龍オーブ数に応じて称号が与えられます

黄龍帝 黄龍四天王 黄龍マスター 黄龍ランカー
東風黄龍帝 東風黄龍四天王 東風黄龍マスター 東風黄龍ランカー
半荘黄龍帝 半荘黄龍四天王 半荘黄龍マスター 半荘黄龍ランカー
三麻黄龍帝 三麻黄龍四天王 三麻黄龍マスター 三麻黄龍ランカー

2.累計所持黄龍オーブ数に応じて称号が与えられます

黄龍神 大黄龍将 大黄龍

▼MJの称号について
現状で判明している称号は以下のとおり

者クラス 強者 賢者 王者 覇者
王クラス 闘王 賢王 帝王 覇王
龍クラス 伏龍 昇龍 飛龍 神龍
神クラス 風神 雷神 鬼神 魔神
雀クラス 雀狼 雀将 雀帝 雀聖